探偵コラム9

探偵コラム9

探偵コラム9

男女が人目を忍んで会う際に性行為がないのであれば明らかな不貞とはいえません。よって謝罪要求や慰謝料の請求を意図しているなら説得力のある裏付けが要求されるのです。ターゲットとなる人物が車などの乗り物を使って別の場所に行こうとする場合に、居場所の確認のためGPS端末などの追跡システムを調査対象が乗る車両に無断で仕掛ける方法は、正当な目的に使用されているとは言えないので違法と指摘される恐れがあります。結婚を法的に解消した夫婦の離婚理由でとても多いものは異性に関するいざこざであり、不貞行為を行った結婚相手にうんざりして離婚に至った方が思いのほかいるのです。浮気相手の女の身元がわかっているならば、夫に損害賠償や慰謝料などの支払い等を請求するのは当然ですが、不倫相手にも謝罪や慰謝料等の支払い等を求めることができます。浮気にのめりこんでいる男性は自分の周りが認識できない状況になっていることがままあり、夫婦の全財産を断りもなく相手につぎ込んだりサラリーマン金融から借り入れたりするケースも少なくないとのことです。

探偵コラム9関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2
探偵コラム1
説明文1